社内の労務規定を弁護士に確認します

多くの企業が就業規則や労働契約などの社内諸規定を弁護士に確認してもらうようにしています。最近は労働時間が多様化しており、深夜勤務や早朝勤務があったり、休日出勤があったりしますし、正社員の他にパート社員、派遣社員などもいますので、就業体系が複雑化しています。しかも、労働者の側が権利を主張する時代になっていますので、不当労働行為などと言われないように、就業規則や労働契約を整備する企業が増加しています。当然のことながら、その内容が労働基準法に反していては大変なことになります。会社の経営が順調で従業員に安定的に給与が支払えている時には問題にならないようなことも、会社の業績が悪化して従業員の処遇が悪化した時などに問題になることもあります。そのような場合に労働者の方が労働契約を理由に会社を訴えるようなことにならないように弁護士に確認するのです。弁護士は多くの企業の事例を知っていますので、確認しておくと安心です。

none

ページ一覧

  • TOP
  • 刑事裁判における弁護士の役割と目的
  • 法律に関することは弁護士に相談してみましょう。
  • 今ではメールでも弁護士に相談できる時代です。
  • アメリカと日本における、弁護士資格の違い